キャビテーションとは?

キャビテーションに副作用はあるの?

投稿日:

 

キャビテーションをしたいと思って調べてみると、超音波で脂肪細胞を破壊・・・なんてちょっと刺激的な言葉が。

もしかして、副作用があるんじゃないの?

なんて心配、不安になる方もいらっしゃいますよね。

でもご心配なく!キャビテーション技術は医学的に認められた安全な技術です。
重大な副作用が報告された例はありません。

しかし、それでも人体に直接影響を与えるものですから、まったく変化が起こらないというわけでもありません。
キャビテーションによる身体への影響についてみていきましょう。

 

キャビテーションで起こる体への影響とは?

エステサロンでキャビテーション

超音波が骨にあたり耳鳴り音がする

超音波を身体にあてるキャビテーション。マシンから発せられた超音波が骨にあたり、耳鳴りがすることがあります。

 

施術時間が長いと耳鳴りが長時間続き、終わった後もなかなか消えないと感じてしまう方もなかにはいらっしゃるようですが、自然に収まるのを待ちましょう。
施術中、どうしても耳鳴りが気になる場合は施術者に伝えましょう。対応してくれます。

肝臓への負担

キャビテーションの原理上、施術後は確かに肝臓に負担がかかった状態になります。
超音波により破壊された脂肪細胞膜から流れ出た脂肪細胞は、体液と混ざりながら肝臓へ運ばれます。肝臓では脂肪を体外へ排出するための処理を行います。キャビテーションにより普段より多く脂肪が運ばれるわけですから、肝臓の負担も大きくなります。

肝臓に負担がかかると倦怠感を感じることがある

肝臓に負担がかかることにより、次の症状が出ることがあります。

  • 身体がだるい
  • 疲れを感じる

肝臓に負担がかかることにより、いつも処理している老廃物が処理しきれず体内に溜まってしまうことが原因だと考えられます。

肝臓は代謝機能、解毒作用、エネルギーの貯蔵、胆汁の生成などの役割を担っており、人間が元気に生活するために欠かせない臓器です。そのため、仮に一部が傷ついたとしても他の部分でカバーできるとても強いつくりになっています。

キャビテーションにより一時的に負担が増えたとしても、2,3日中には元の状態に戻ります。

胃腸の不調

お腹周り、下腹部を施術した際に胃腸の不調を起こすケースがあります。キャビテーションマシンから発生する超音波や、マシンを直接当てることにより物理的に腸が刺激され、腸の活動が活発になったためと考えられます。

キャビテーションによる胃腸の不調を防ぐには、キャビテーション前の食事に気を付けましょう。冷たいものや脂っこいもの、消化に悪いものを避け、施術の1~2時間前には済ませておくとよいでしょう。

キャビテーション前後の食事と、普段の食習慣について

皮膚のたるみ

キャビテーションにより脂肪がなくなると、その部位の皮膚がたるんでしまうことがあります。エステサロンでキャビテーションを受けているのであれば、EMS、マッサージなど引き締め効果を期待できる施術を受けてみるのもいいかもしれません。自身でセルフケアも出来るので、エステティシャンの方と相談しながら進めましょう。

 

キャビテーションを受けることが出来ない人

キャビテーション受けちゃダメ

ここまでキャビテーションを受けることで生じる身体への影響についてみてきました。
下記に該当する方はキャビテーションを受けられないませんので、必ずチェックしてください。

  • 妊娠中の方
  • 心臓疾患がある方
  • 内臓疾患がある方
  • 血管疾患がある方
  • 皮膚疾患がある方
  • 皮膚アレルギー、アトピー性皮膚炎の方
  • ペースメーカーを装着している方
  • 体内に金属が埋め込まれている方
  • 肝機能障害のある方

 

正しい知識を身につけて安心してキャビテーションに臨みましょう

いかがでしたか?安心、安全だと言われているキャビテーションもまったく悪いところがないわけではない、ということがお分かりいただけたと思います。

デメリット、副作用も考慮したうえで、キャビテーションを検討するといいと思います。

-キャビテーションとは?
-,

Copyright© キャビテーションの効果とは? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.