キャビテーションとは?

キャビテーションで痩せた人は必ずあることをしていた!?

投稿日:

 

キャビテーションは超音波により脂肪細胞膜を破壊し、脂肪細胞をリンパへ流しこむことで脂肪細胞を減らしていく痩身術だということはすでにご存じかと思います。

キャビテーションの原理とは?

 

しかし、キャビテーションで痩せたという人もいれば、痩せなかった人もいるのが現実。

痩せた人と痩せなかった人、あることをしていたかどうかが、大きな分かれ目になるんです。

それは身体を温めること。

 

キャビテーション前に身体を温めることが、キャビテーションで痩せるには大切なんです。

 

キャビテーション前にどのようにして身体を温めればいいかとご紹介します。

 

エステでキャビテーションを受ける場合

キャビテーション

ヒートマット

遠赤外線効果により身体を芯から温めることが出来るヒートマット。滝のような汗をかいてからキャビテーションを受ければ効果アップも期待できます。代謝機能のアップ、血行促進などの効果もあります。

ドームサウナ

身体にフィットした半円型のドームから遠赤外線により身体の芯から温めるドームサウナ。心身ともにリフレッシュすることが出来ます。

ラジオ波(RF)

振動で分子同士に摩擦を起こさせ、その摩擦熱で脂肪、セルライトを柔らかくします。痛みもなく気持ちよく施術を受けることが出来ます。

ゲルマニウム温浴

手足への温浴刺激で全身を温めて発汗と血行を促進させます。冷え性の改善にも効果が期待できます。

 

ポイント

キャビテーションを受けられるエステサロンでは、これらの施術とキャビテーションがひとつのコースになっているとこもあります。初めてで何を組み合わせればいいか分からない場合は、エステティシャンの方と相談のうえコースを利用してみるのもおすすめです。

業界最大手!エステサロンでキャビテーションするならココ↓

 

家庭用キャビテーションを使用する場合

キャビテーション前にお風呂に入ろう

キャビテーション前にお風呂に入って温まる

家庭用キャビテーションを使用する前に身体を温めるには、お風呂が一番です。おすすめの入浴方法は全身浴。全身浴の方が水圧が高くなり血管を圧迫します。そうすると心臓に出入りする血液の量が多くなる、つまり血流がよくなるというわけです。

40℃以下のぬるめのお湯に30分浸かるとよいでしょう。

入浴をしっかり行うことで代謝機能が良くなりますからこれだけでもダイエットにプラスだと言えます。

 

お風呂の中で使える家庭用キャビテーションマシン「キャビスパRFコア」

お風呂で使えるキャビスパRFコア

大人気家庭用キャビテーションマシンキャビスパRFコア↑

ヤーマンから発売されている大人気の家庭用キャビテーションマシン、キャビスパRFコア。この製品はお風呂の中でも使用できるように防水設計のもと製造されています。お風呂の中でリラックスしながらキャビテーションも出来れば、心も身体もリフレッシュ出来ちゃいますね!

※他メーカーの家庭用キャビテーションマシンが必ずしも防水とは限りません。

 

キャビテーション前に運動する

キャビテーション後は運動しよう

キャビテーションをする前にウォーキングなど有酸素運動を取り入れるのも効果的にです。ウォーキングするだけでもカロリーは消費されますから、キャビテーションと組み合わせることで痩せる効果が期待できます。

キャビテーション後は脂肪が燃えやすいのでここでも運動

キャビテーションをした日から2~3日間は脂肪が代謝されやすい状態のまま。なのでこの間に有酸素運動をすることでさらに効果を高めることが出来ます。ランニング、ウォーキングをするか、もしくはいつもより一駅手前で降りて歩く、エスカレーターは使わないで階段を昇るなどしてみるとよいでしょう。

 

キャビテーション前は身体を温めよう

いかがでしたか?キャビテーションを行う前は身体を温めることが大切です。

せっかくキャビテーションしても効果が出にくい身体になっていたらもったいないですよね。

工夫次第でキャビテーションの効果をあげることが出来ますから、ぜひ身体を温めることを意識して、キャビテーションしてくださいね!

 

-キャビテーションとは?
-,

Copyright© キャビテーションの効果とは? , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.